露猫綾乃(鉱物漫画家)のオリジナル鉱物フレーム切手 解説集 

 以前からオリジナルの鉱物切手を作りたいとは思っていたのだが、なかなか作る予定がなかった。しかし、今までさんざん郵便局発行の切手を購入してきたし、「そろそろ自分の切手を作ってみても良いかな」と思い、3年分の「郵趣」という切手情報誌を読み、イギリスのスコットさんが発行する世界の切手カタログなどを眺めながら、2016年から、今までにない鉱物切手を目指して制作している。といっても、自分の漫画本に使ったものを再利用しているだけで、おなじみの人には特に新鮮味はないかもしれない。ただ、結晶の美しさを前面に押し出す切手は非常に多いので、地層や鉱石鉱物を三次元で表現したものなど、いろいろなテーマに挑戦している。また、切手も、石と同じく、細かい文字やイラストをルーペで観察する趣味の一つである。ここでは、私のことを初めて切手で知り、それらの元情報をご存じない方のために、切手の元になった画像に多少の解説を付けてご紹介する。ここでご紹介させて頂いた本はネット書籍Amazon、東京都神田の書泉グランデさま (2階の鉱物、地学コーナー)などで購入できる。
 切手の方は、現在試験的に制作しているだけなので、いつもすべての種類が揃っている訳ではない。今のところは、お客様の反応を見ながら種類を増やしているところである。現在35種。

鉱物標本開発の浅田ご兄妹とは、もともとふぶきさんが懇意の仲であった。ふぶきさんと結婚して、浅田氏のブースを訪れ、お話を伺っていたら、大の猫好きだとお伺いしたので、手紙に浅田ご兄妹をイメージした落書きを描いたところ、えらく気に入って頂き、鉱物標本開発専用のスタンプにして頂いた。ちなみに切手も英語で言うとStampである。詩作として、52円切手を作った。

上記の黄色のバージョンは、私が勝手に作ったものだが、その後浅田氏から「水色か青色が好み」であることを伺い、作り直したもの。青空の中に白い雲が浮かんでいる感じで、明るい雰囲気の切手になった。切手の方には「鉱物標本開発」というお店の名前を英語で入れてある。横型のイラストなので、82円切手にしたら横に寝てしまう構図になってしまったが、そこはご愛敬。

Hキョージュの鉱物冗報通信6」の表表紙に使ったイラスト。静岡県雲見の安山岩中の空隙に産出する菱沸石、輝沸石、束沸石を描いたもの。実際の大きさは、一番大きな菱沸石で幅5ミリといったところ。

Hキョージュの鉱物冗報通信7」の表表紙に使ったイラスト。岩手県釜石鉱山のスカルン鉱床の空隙に産出する、磁鉄鉱、灰鉄柘榴石、サーラ輝石の産状を扱ったもの。全体的に色が暗いが、実際の標本はもっと黒い感じである。磁鉄鉱が多いので重たく、暗い緑色針状結晶のサーラ輝石に気を遣う標本である。最近のイベントではあまり見かけないが、昔はよく見られたらしい。

Hキョージュの鉱物冗報通信8」の裏表紙に使ったイラスト。切手にも記されている文字をルーペで見るとわかるように、兵庫県柿の木鉱山のモリブデン鉛鉱である。モリブデン鉛鉱の下を覆っている被膜はクーク石と呼ばれるリチウムを含んだ粘土鉱物。母岩は白っぽく、角ばった礫を含んだ角礫岩のような石が多く見られる。

「もっと!鉱物を楽しみたい8」の「地球の語りべ(後編)」の1シーンに色を付けたもの。静岡県多比海岸にある、砂岩と礫岩の互層に、二酸化マンガンの脈が入り込んでいる露頭。また、観察者の足元にあるのは複輝石安山岩で、安山岩の上部に重なる堆積岩との地層の不整合を観察するにも適した場所である。

「もっと!鉱物を楽しみたい9」の表紙に使ったイラスト。山口県山中鉱山の方解石で、矢羽型双晶をしている。ここでは、直径7センチ程度もある鋲頭状の巨大な方解石も見られる。この採石場には、実際に訪れたことがないので、なんとも言えないが、大量のカルシウムと炭酸イオン、非常に特殊な生成環境があったことが伺われる。

「もっと!鉱物を楽しみたい10」の表紙に使ったイラスト。兵庫県新井鉱山で産出した、色鮮やかな二次鉱物を、実際の産状なども踏まえながらまとめてみたもの。水色針状が水亜鉛銅鉱、青色柱状が青鉛鉱、暗緑色ぶつぶつ被膜がブロシャン銅鉱、青色で頭がくびれている結晶がローウォルフェ石、青色短柱状結晶はラング石。この標本たちは、久野武氏の熱心な採集と観察により、数回にわたって私の手元に届けられた。

「つゆねこ鉱物学」の表表紙に使ったイラスト。和歌山県大塔鉱山の堆積岩の礫の間を充填した紫色や青緑色の蛍石。堆積岩の礫がほとんど変質していないので、蛍石を沈殿させた熱水は、かなり低温のものだったことが想像できる。

 

「つゆねこ鉱物学」の裏表紙に使ったイラスト。岐阜県田原の花崗岩質ペグマタイトの晶洞に見られる、微斜長石と煙水晶、黒雲母の産状を模したもの。結晶単体ばかりに注目していると、このような産状は想像もつかないだろう。

 

「地球語ライブラリィ8」の表表紙に使ったイラストの一部。1ミリ程度の結晶を、鉱物用の粘土に固定して、実態顕微鏡下で見ながらスケッチした。錫石の色に合わせて黒色にしたが、全体的な雰囲気が暗く見えるのと、消印が見えないことで不評。^^;もう少し色を何とかすれば良いかもしれない。花崗岩質ペグマタイトの空隙に産出したものが集まって砂鉱になったものだが、かなり複雑な形をしていることがわかる。

 

某雑誌に依頼されて書いた作品。栃木県足尾鉱山の熱水鉱床に産出した先細りの子持ち紫水晶がモチーフになっている。紫水晶の標本は、私もいくつか持っているが、標本としてこのように上品なたたずまいを見せるものは少ない。この絵柄では、52円切手も作ったが、一番初めに作ったものなので、手元に残っていない。

 

Mt.Malosaに産出する錐輝石の結晶集合。ラベルにはアフリカとあったが、現在の定義ではマラウィーの産出ということになっている。ベリリウムなどの希元素を含むアルカリペグマタイトに産出したもの。

 

熱水鉱床やスカルン鉱床の閃亜鉛鉱主体の鉱石を、研磨片にして反射顕微鏡で100倍程度に拡大すると、閃亜鉛鉱中に黄銅鉱の絵の具をまき散らしたような組織が見られる。これは、二次元的なものなので、三次元で展開させたらどうなるかを表現してみたのがこのひとコマ。茶色が閃亜鉛鉱で、黄色が黄銅鉱、黒色は磁鉄鉱で、それぞれの鉱床や、鉱床の部分によっても、組織には違いが見られる。

 

2009年に鉱物標本開発の浅田氏より、「絵になりそう」と言われて預かった、浅熱水性鉱床に産するメキシコのヴァナジン鉛鉱+ミメット鉱+石英の標本。母岩は酸化が進んで褐鉄鉱化している。家人からは「ケーキみたいでいいんじゃない」と言われた。

 

ブラジルのミナスジェライスの鉱床の一部に産出した貫入双晶の淡い緑色金緑石。「石を中心にして、カラフルな切手を」というご要望があり、デザインしてみたが、へんな形の苺みたいな色合いになった。ふぶき標本。

 

鉱物愛好家のための雑誌「ペグマタイト」発行者の高田雅介氏より頂いた標本。高田氏は、日本離れした結晶学の知識を持つ御方で、石をはじめたばかりの私を鉱山に呼んで下さり、群馬県三ツ岩岳で産出する鳥型三連双晶の見方というものを教えて下さった。その場では他にもいろいろな水晶の双晶の型を教えて頂いたが、高田氏は、1ミリ程度に小さく切ったシールを、双晶の組ごとに色分けして貼られており、どれとどれが双晶の組になるのか、初心者が見てもわかりやすいように工夫されていた。

ペルーの八面体に近い形が集合した黄鉄鉱。ふぶき標本。私はどちらかと言えば、結晶鉱物よりも色々な鉱物が共存している集合標本の方に興味があるので、こういう標本を集める人の熱意には驚くばかりである。広い面積を占めているのは{111}という傾きを持つ面。狭い面積で現れているのは{210}面か。

ペルー Julcani mineの鉄マンガン重石の隙間に生成された自然金。つゆねこが鉱物をはじめた初期に購入した標本。当時は針で突いて展性(てんせい)を見てみたかったが、今では貴重な標本を使って実際にそんなことをするまでもなく、空想で十分である。

メキシコ San Martia mineのひげ状自然銀。母岩は斑銅鉱。メキシコの自然銀は非常に長いひげ状に伸びることがあるが、長年の貫録を出したいためだろうか。

ペルーの黄鉄鉱。ディアゴスティーニ発行の雑誌に付録としてついていたもの。実態双眼顕微鏡で、突出していた一部を拡大。私にはまるで、ピノキオの鼻に見える。色が違うではないかと思われるかもしれないが、絵というものは何色を塗っても自由なのである。感性がフランス的なのかもしれない。私は基本的には淡い色調の色が好みなので、なんとなく。

岡山県布賀の逸見石を、実体双眼顕微鏡で拡大したもの。色が違うではないか、と思われる方がおられるかもしれないが、加藤昭著「鉱物の観察」では、実際に見えている色に惑わされず、頭の中で多少の幅を持たせて覚えておくことの有用性がちゃんと書かれてある。また、大きさも、大きくしたり小さくしたり、頭の中で限界を設ける訓練のことも記されてある。最初は疑っていたが、実際にやってみると効用は実感できるが、どうやらこういうことをしていない人の方が多いようである。

岡山県高瀬鉱山の霰石。正マグマ性鉱床の母岩のひとつである暗い褐色塊状のリザード石を主体とし、明緑色でツルツルした質感の葉蛇紋石が少量混ざる蛇紋岩中の脈石鉱物として生成されたもの。蛇紋岩の表面を、白色の仏頭状の薄い被膜が覆い、その上にやや歪んだ菱面体結晶の霰石が集合している。
細かく刻んだ豆腐が崩れて散らばっているみたいに見える。久野武標本。

北海道松倉鉱山の、やや暗緑色がかった芯を持つ、浅い熱水性鉱床脈中の、山入り重晶石。山入り部分は、中心からロの字型に広がるのではなく、一方が開いたコの字型になっている。黒色の二酸化マンガンの上を、重晶石と肌色の粘土鉱物が覆う。
家人には「これ、自然金でしょう。」と言われたが、貴方たちは本物の自然金というものを見たことがあるのか。

富山県亀ヶ谷鉱山の、閃亜鉛鉱、方鉛鉱などを産する、スカルン鉱床の酸化帯にできたマットな光沢の白色菱亜鉛鉱。しかし、内部はガラス光沢の山入水晶となっており、菱亜鉛鉱は水晶の表面を覆っているだけであることがわかる。褐色の母岩は褐鉄鉱で、一部に閃亜鉛鉱が残っている。私は両親が植物好きだったので、植物のスケッチも何度か描いてみたが、どうも納得いかなかった。しかし、石のスケッチは、それほど苦労することもなく、性に合っているようである。久野武標本。

島根県隠岐道後五個村久見のアルカリ玄武岩中に生成された方解石。視野の幅は10ミリほどで、開放系の白色脈の一部にできた空隙中に、釘頭状の方解石が、10段以上もc軸方向に積み重なっている。同じ釘頭状結晶でも、岐阜県神岡鉱山栃洞坑のものは向いている方向がバラバラであるが、高さを競いたかったのだろうか。母岩の暗褐色アルカリ玄武岩には、0.01ミリ程度の独立した立方体黄鉄鉱が散りばめられており、ライトを当てると星空のようである。また、神岡鉱山の方解石には水晶が伴うが、こちらにはない。つまり、珪酸分に乏しかったということができる。久野武標本。

埼玉県秩父鉱山石灰沢の花崗閃緑岩質ペグマタイト中に生成された、灰鉄輝石と弗素燐灰石。産地はスカルン鉱床なので、発見した当時はどうしてこんなものがここにあるのか理解できなかった。「これがスカルンなの?繊維状集合でもないし、なんか違うような・・。」空隙を石灰岩が産めていたと考えても疑問が残る産状であった。6年ほど机の上に置いて眺め続け、産状の理解を進めるにつれて、ようやく少しだけ意味がつかみ取れた標本。
千葉県平岡の堆積岩中に産出する、巻貝の中に晶出する、淡い黄色透明ガラス光沢の犬牙状方解石集合。貝殻の化石全体が置換されて詰まっている標本は、広島市などでしばしば見られたが、このように、生きていた時の生体の部分を養分として、成長したものは、時代が新しいのかもしれない。とくじろう女史標本。
大分県豊栄鉱山のスカルン鉱床に産出する、比較的大型の黄鉄鉱集合。立方体の基本である{011}面を主体に、角に{111}面が覗く。切手趣味の業界では中国の切手が高騰して入手しにくくなっていると聞き、黄鉄鉱に赤色を合わせてみたが、雰囲気だけ。購入者の方から82円切手がもっと欲しいという要望を受けて、作っているシリーズ。
広島県赤坂勝負鉱山(鉱床酸化帯)に産出するミメット鉱とビューダン石。詳細は「つゆねこ鉱物学9」を参照。(ずるいぞ!)
栃木県小向鉱山(熱水鉱床)の重晶石。
詳細は「つゆねこ鉱物学9」を参照。
岐阜県洞戸鉱山(スカルン)の透輝石。
詳細は「つゆねこ鉱物学9」を参照。
漫画絵は、主に女性に受けているようだが、
人物の出てこない、純粋な鉱物スケッチシリーズには
別に熱烈なファンがおられるらしい。
実を言うと、描くのはこちらの方が簡単。
時間があれば、またいずれ・・。
宮崎県見立鉱山(鉱床酸化帯)のミメット鉱。
詳細は「つゆねこ鉱物学9」を参照。
「つゆねこ鉱物学9」より、
蛍石のページを抜粋してデザインした。
漫画の一コマがそのまま切手になると面白いかな、
と思っただけ。
「つゆねこ鉱物学10」に掲載予定のチタン石漫画より。
2ページ見開きを切手に納めるのは、
さすがに無理があったようで、
何が書いてあるか、ルーペを使っても全く読めない。^^;





2017年10月28日 露猫綾乃


もどる
アクセスカウンター