星のスケッチ月のスケッチ
 星を見た記念にと思い、見た天体のスケッチをはじめました。 後で見返すと、見方が未熟なことを発見したりして、笑ってしまいます。

***
スケッチ日記 2002年
(下に行くほど新しくなります。)

***
2002年8月7日
はじめは嬉しくて星雲、二重星、銀河関係なく沢山見ていました。^^
***
★月のスケッチをはじめる★

使用機材:Nexstar8、天頂プリズム(アイピースはそのつど記載)

スケッチの好きなところは、自分が見た部分しか記録に残らない所です。
自分のエネルギーと炭素(鉛筆の芯)で表現するところが素敵ですね。
写真では見ていない所も撮れてしまいますからね。
スケッチは何にも役に立たないところが良いです。
それこそが人間的だと思います。

***
2002年8月17日

初めて描いた月の欠け際です。
重なるように描いて、繋げてみました。


 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 


***
2002年8月26日
 これは15センチドブソニアンを使ったみたい。
くもり、AM2:50-
他に記録は残っていません。








***

2002年9月17日















左から、「欠け際のバーバパパ」「三つ子穴」
「ダイヤモンドのリング」と名づけて描きました。
3枚続けて描いて、40分かかっています。

アイピースはPL17を使用。

***
2002年9月19日














左から「テーマなし」「斜めのパンダ」「逆さの犬顔」
と名づけて描きました。
1枚10分程度で描いています。

アイピースはPL25を使用。





2002年10月9日















タイトルは「鬼の影」。
中央のクレーターの中に角のような影が見えました。

アイピースはPL40で、2×パーローレンズを使用。

***

2002年10月10日

















テーマはなし。
シーイングは良かったみたい。
左から、11分、6分、16分程度で描いています。

アイピースはPL17を使用。

***
2002年10月13日


今日はスケッチをしたことのある方からメールを頂いて、
張り切ってしまいました。^^(Sさんありがとうございます♪)

左側のは模様のようですね。。
26分もかかりました。

右側は手がかからなかったけど、すごく気に入っています。
アリストテレス。時間は13分。

今日は自動追尾が上手くいったので、 PL6mmという
高倍率で快適にスケッチすることができました。
月齢6.7。


2002年10月14日














シーイングが悪く、像が少しゆらゆらしていました。
左は20分、右は36分で描写。
右の写真版はこちら(Sさんに頂きました♪)
上下、左右が逆ですが、あえて直しません。^^

スケッチはuniの鉛筆HB一本で描いています。

アイピースはPL17mm+2×バローを使用。
月齢は7.7。


2002年10月16日
















シーイングはやや悪い。
追尾もあまり上手くいかなかったので、
手早く描くことを心がけました。

左は追尾が悪いので未完成(10分)、
右はコペルニクス(10分)。

アイピースはPL17mm+2×バローを使用。
月齢は9.7。

***
2002年10月17日
















シーイング2/5
追尾はまあまあだが、邪念が生まれたのか
書き直しが多い。(笑)構図が悪いですね。

左は11分、真ん中は15分(ガッサンディ)、
右は15分(虹の入り江)。

アイピースはPL17mm+2×バローを使用。
月齢は10.7。
















***

2002年11月12日


シーイング4/5、透明度 4/5
左、17:38〜18:02、右、16:15〜16:28
スタパーまで体力を温存していたので、
今周期初のスケッチ。
スタパーで見せてもらう病にかかり、、
自分で導入するのがとてもだるかったです。(笑)










2002年11月13日


シ3/5、透5/5
2×バロー+PL25mm
順に17:32〜17:50(続・鬼の影) 、
17:51〜18:04(ネックレス/
エラトステネス付近),
18:04〜18:20(傷跡/雲の海付近)








2002年11月16日


シ3/5、透4/5
PL6mm
順に18:15〜18:28(虹の入り江)、
18:28〜18:43(ケプラー)、
18:43〜18:58(?/ゾウリムシの群集)
なんか楽しくなってきました。^^







2002年11月17日

シ3/5、透4/5
PL6mm
18:45〜18:55(?/胡蝶蘭),
18:55〜19:07(?),
19:07〜19:20(?/雪だるま)










2002年11月22日


シ4/5、透4/5
2×バロー+PL17mm
追尾はまあまあ。

21:50〜22:03
22:03〜22:16
22:16〜22:24

初めて描く月齢なのでどこを見ても楽しい!^▽^/
でもいつもと欠け際が逆なので、描くのは難しかったです。
出来味もそんな感じ。

***


2002年11月22日
シ4
2×バロー+PL25mm
21:40〜

ついでに土星も描いてみる。
月が近いからか、土星の周りが白く浮いて見える。
やっぱり何度見ても土星はかわいいです。



2002年12月9日

@「土偶の顔」(ヘラクレス・アトラス)
シ3/5、透4/5
2×バロー+PL17mm

18:11〜18:30

○山理科大学のOBの方に色々なスケッチを見せて頂いたので、
丸い視野をやめて、一つのクレーターを大きく描くことに専念してみました。
この頃から学生時代に使っていたステッドラーの6Bの鉛筆を併用しています。




A「クレーター」(フラカストリウス)
シ3/5、透4/5
2×バロー+PL17mm

18:30〜18:43


風が強い。寒い。東京は初雪。
手が冷たいです。

 

2002年12月10日

@「クレーター」(フラカストリウス)
シ3/5、透4/5
2×バロー+PL17mm

20:30〜20:41

ちょっと雲がある。
寒い。描いている間に雪が降ってきました。




002年12月12日

@「クレーター」(アリステュッロス・アゥトリュコス・アルキメデス)
シ5/5、透5/5
2×バロー+PL17mm

20:30〜20:41

手がかじかむので、滑り止め付きの
薄手の軍手をはめて描き始めました。

 

 

 

 

 

A「わた雲」(オロンティウス付近?)
シ5/5、透5/5
2×バロー+PL17mm

17:25〜17:35

 

 

 

B「木星人」(ハーシェル・プトレマイオス・アルフォンスス)
シ5/5、透5/5
2×バロー+PL17mm

17:36〜17:50

雲が出てきました。

 

 

2002年12月13日

@「月のへそ」(エラトステネス)
シ3/5、透2/5
2×バロー+PL17mm

20:24〜20:45

この月齢の月は描きどころが多く、魅力的で困ります。

 

 

 








A「黒い涙」(アウトリュコス・アリステュッロス・アルキメデス)

シ3/5、透4/5
2×バロー+PL17mm

20:45〜20:58

とても寒かったです。

 

 

 

2002年12月14日

@「隕石落ちた」(ルビニエツキ・ブッリアルドゥス・キース・メルカートル)
シ5/5、透5/5
2×バロー+PL17mm

17:01〜17:20

シーイングが良すぎると、忠実に描けなくてもどかしいです。

 ******

スケッチ日記2003年

2003.08.03(クリックすると・・・)
 シーイング2 透明度2
 19:30−19:55 休憩 20:30−20:52
 PL25mm
 蚊が多いのにはびっくり!落ち着いて描けませんでした。
 なんだかクレーターが萎縮している感じ。
 汗で紙が湿って鉛筆のノリも悪かったです。
 気温はいいのにねぇ・・。
 うまくゆかないものです。^^;;
 今朝は水槽に紫の水練が咲きました。

 

2003.01.08

シーイング1/5、透明度 1/5
 17:38〜17:50

  2×バロー+PL25mm
 
 影の長さから壁の高さを思います。








17:50〜18:06
  2×バロー+PL25mm
 
 昼からずっと天気が良く、空気が暖かい。
 左側の3つ重なったクレーターが好き。









18:06〜18:32
  2×バロー+PL25mm
 
 左上のクレーターにある爪あとが痛々しい。

 

003.01.06
シーイング2/5、透明度 1/5
 17:35〜17:47

  2×バロー+PL25mm
 
 またまた鬼の影。
 描くのは3度目くらいじゃなかろうか。
 目に付くらしい。(笑)



火星のスケッチ1
 2003.04.17 AM5:00
  生まれてはじめて火星を見ました!
 左がちょっと欠けている。
 下の部分(天頂プリズムをつけているため)が白くてかわいい印象。

 2003.05.29 AM4:00
 観望開始直後と終了時のスケッチ。
 極冠がくっきり見えている。
 黒い部分が増えた?とメモってありました。



2003.06.05 (クリックすると大きい画像がでます)
 シーイング よかった気がする
 透明度 低空はちょっとかすんでいた
  ?〜19:25

  セレストロン ネクスター8 2×バロー+PL40mm


 
左上の3つつながりのクレーターから描きはじめて
 急遽月の下半分を描く路線に変更。
 ここまで描くと少しずつずれが生じているが、
 資料にするのが目的ではないので
 気にせず描き進む。
 私のスケッチはらしく見えればそれでいいと思います。
  いすれは全面を一気に描いてみたいですね!


2003.04.15 
 シーイング 面倒くさい、透明度 面倒くさい
 18:52〜19:10

  アイベル製15センチドブソニアン K20mm

 久々に月をスケッチ。
 満月近い表面を描くのははじめて。
 落ち着いた気分になりました。
 
 ついでに減光中のベテルギウスをデジカメでコリメート撮影して
 3:1で並んでいる木星の衛星を見て、
 ピーナツみたいな土星を観望。

 夜でも気温が穏やかになりましたね。
2003.06.08

 
シーイング3 透明度5
 全体的に薄雲。
 月の傘が出ている。
 明日から天気が崩れそうですね。
 
 丁寧に描いていたが、間に食事をはさんだので全部描けなかった。
 
中途半端な時間にはじめてしまいました。
 
 (クリックすると別窓が開きます)


2003.06.07(クリックすると大きい画像がでます)


 
シーイング3 透明度3
 20:20−20:55
 最初に低倍率(PL40mm)のアイピースを使ってアタリをとり、
 少し倍率を上げて描きました。
 今までクレーターの拡大スケッチを描いていたけど、
 できるだけ目で見た感覚に近いものを描きたい!
 
 海の部分を表現するのが難しいですね。
 がんばったけど、5日の方が良かったと言われてしょんぼり。(笑)

 画像はアイピースをのぞいた感じに
 Photoshopで円形の視野を作ってブラックを流してあります。


(クリックすると別窓が開きます)
 

 








火星のスケッチ2

 2003.07.14 27:10〜17:12
 今朝、満月の明かりで眼が覚めると、
 雲の切れ間から南中ぎみの火星が明々と輝いていました。
 望遠鏡を出したのはなんと、一ヶ月+6日ぶり!
 アイピースはどこ?天頂プリズム忘れた!と、おろおろ。

 温度順応させてないのであまり模様は見えませんでしたが
 大きくなっている火星を拝むことができました。やった♪


2003年11月2日 火星のスケッチの紹介
「星を見る道具の工房」のyamacaさんの「よろず観測室」

この時期露猫は、ほとんど火星のスケッチをとっていませんので、
「星を見る工房」のyamacaさんのスケッチを
リンクさせて頂くことにしました。
ちょっとずるいです。^^;
yamacaさんのスケッチは望遠鏡で火星を覗いて、
あ、くそ、もうちょっと見えればいいのにな
とか、
見えた気がする!
とかそういう気持ちを思い出させてくれます。
じっと眺めていると確かにこんな色で、
こんなぼんやりとした模様が見えたなぁと、感じるのです。
私にはこれが大接近で見えた火星で
とてもロマンティックなスケッチだと思います。

 もどる