初心者天文マンガ第15弾
「連星」

2003・03・05

シュールな小品です。(笑)

「連星」というのは、星同士がお互い
引力で引き合いながら、共通重心のまわりを
公転しているももを言うのだそうです。
500年から1000年単位で観測すれば、
その変化を肉眼で追えるそうです。

なんて気の長い話だろう〜!と思いながら
星の動きを想像していたら
こんなお話が浮かんできました。^^

星の色や大きさに気をつけて見て下さいね。
またページの間に500年位の年月を
感じて下されば幸いです。


現在
p /7p
・・・・・・・・・・・・・・
 

次ページ読込中
右の画像が表示され切ってから
次ページボタンを押して下さい
・・・・・・・・・・・・・・
ページ指定(半角数字)

・・・・・・・・・・・・・・



GO BACK